<石化八重アジサイ>
<別名・十二単(ジュウニヒトエ)>


茎に石化が見られることから名付けられた。
江戸時代からの園芸品種。
てまり形の八重咲き種。
花弁が幾重にも重なっている事から、
別名「十二単」(ジュウニヒトエ)とも呼ばれる。


ブラウザの<戻る>ボタンでお戻り下さい