初午祭は、当山において、1年で1番大きな祭りです。

厄除大投餅は紀南随一と云われています。


救馬溪観音平成31年初午祭

3月10日(日)厳修

この日は全山挙げての厄除け大祭。
お山が厄除け一色にそまります!


本年は本堂再建30周年記念として
秘佛「持佛・馬頭観世音菩薩」様
本堂に遷座戴き御開帳しております。


<信徒会館佛間の持佛・馬頭観世音菩薩(中央)>

-持佛内拝時間−

8:15〜8:45 ・ 9:40〜10:15 ・ 11:30〜11:45 ・ 12:15〜13:45 ・ 15:15〜16:00

(本堂内拝時間は御祈祷の時間等により変更となる場合がございます。あらかじめご了承下さい。)
(内拝には内拝料1000円が必要です。(特別御守付))

2019年12月28日まで御開帳内拝可


過去の初午祭の模様

 厄除大投餅 

この行事は、当地方に伝わる
「年と同じ数の餅をまくことによって厄を祓う」
と云う故事にちなんで行われるものです。

当山の厄除大投餅は紀南随一と云われ、
当地方の名物行事になっています。




毎年約600kgのお餅がまかれます。

これらのお餅は
正午・午後3時の2回に分けて全てまかれます。
お餅をまく人は
申込者の中から抽選で選出されます。



 開運厄除大護摩祈祷 

1年に1回のみ、初午の日にのみ厳修される
特別大護摩祈祷。

開運厄除祈願の為
本堂において護摩祈祷が厳修されます。



午後1時より本堂で厳修された
「開運厄除特別大護摩祈祷」

この祈祷は1年に1回だけ、この日に行われる
特別な祈祷です。



もどる